文書が読みづらい場合はブラウザの□ボタンで画面を最大にしてご覧下さい。
毎週、火曜日・水曜日は東京医科歯科大学医師による代診となります。
これに伴い、前述の日時は、AGA治療の初診の方は診療できません。
再診で同一処方の方は診察可能です。
初診の方は火曜日・水曜日以外にご来院くださるようお願い申し上げます。



男性型脱毛症(AGA)治療


プロペシア錠(1mg)28錠  料金7500円(診察料込、消費税別)
フィナステリド錠1mg
「ファイザー」28錠
 料金6000円(診察料込、消費税別)

男性型脱毛症(AGA=Androgenetic Alopecia)は、成人男性によくみられる髪が薄くなる状態のことです。
思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方から薄くなり、進行していきます。
一般的に遺伝や男性ホルモンなどが原因と考えられ、抜け毛が進行し、薄毛が目立つようになります。
男性型脱毛症の人は全国で1,260万人ともいわれています。
 プロペシア(一般名フィナステリド)は、医師が処方する1日1回の内服による男性型脱毛症治療薬です。
日本では、2005年12月より万有製薬が発売しました。
この薬は、医師の処方が必要で、薬価基準未収載薬のため健康保険の対象とはなりませんので、自費診療となります。
従って、この治療に関しましては、保険証は不要ですが、将来的に他の疾患の治療を行う可能性もありますので、
できるだけ保険証はお持ちください。
 国内の臨床試験では、プロペシア1mgの1年間投与により58%の改善効果があり、
海外臨床試験では、プロペシア5年投与により90%の患者で抜け毛の進行を抑える効果、あるいは改善効果が認められています。
なお、2015年5月より、プロペシアのジェネリック医薬品、フィナステリド錠1mg「ファイザー」も採用しております。



「注意事項」
(1)男性における男性脱毛症のみの適応です。
(2)20歳未満での安全性及び有効性は確立されていません。
(3)女性に対する適応はありません。
(4)処方の錠剤を、1日1回1錠服用してください。増量による効果の増強は確認さ
れていません。
(5)3ヶ月の連日投与により効果が発現する場合もありますが、効果が確認できるまで
通常6ヶ月以上の連日投与が必要です。
(6)副作用として国内での臨床試験では性欲減退・勃起不全等がありましたが、プラ
セボ(偽薬)投与と有意差は認めませんでした。

詳しくは http://aga-news.jp/ をご覧下さい。

                    小堀クリニック