文書が読みづらい場合はブラウザの□ボタンで画面を最大にしてご覧下さい。


◆プラセンタ療法◆
プラセンタ療法(筋肉注射) 料金1回1アンプル 1000円
 診察料金込消費税別
            (保険証はお持ちください)



   肝臓病、全身疲労、更年期障害、肌荒れ、腰痛、肩こり、
   アレルギー性疾患(気管支喘息、アトピー性皮膚炎、関節リウマチ等)、お酒を良く飲む方



   にんにく注射 アミノ酸点滴 コエンザイムQ10 (更年期障害では)ホルモン補充療法
   漢方療法 プエラリア

Q:プラセンタとは何ですか?
A:プラセンタとは胎盤のことで、たくさんの種類の栄養素が含まれています。
胎盤から、種々の有効成分を抽出したものが、プラセンタです。
有効成分には、チロシナーゼ・インヒビター(美白効果)、各種細胞増殖因子、種々のサイトカイン、
核酸塩基等が含まれます。詳しくは製造元の日本生物製剤のHPをご参照ください。
中国では古くから滋養強壮、不老長寿にと利用されていました。現在、注射や飲み薬、
また化粧品の含有物質として、使われており、アンチ・エイジング(抗老化)作用があ
るとされています。

Q:プラセンタ療法は、どこのクリニックでも同じですか?
A:いいえ、違います。
プラセンタには、人由来、ブタ由来等様々な製品があり、また、厚生労働省認可の薬、
そうでないもの、様々です。この中で、当院では安全性の高い日本生物製剤ラエンネック
中心にプラセンタ療法を行っております。 私は、東京医科歯科大学病院およびその関連病院で、
多くの肝臓病の患者さんを治療してきており、およそ20年のラエンネック使用経験を豊富に持っております。
この点で、昨今の「はやり」のみで、プラセンタ注射を始めた多くのクリニックとは一線を画しています。

Q:プラセンタ療法は、保険診療ですか?
A:肝臓病(慢性肝炎、肝硬変等)、更年期障害の場合、診察により、保険適応とな
ることもございますので、保険証はお持ちください。それ以外の場合、自由診療とな
り、上記の金額で行っております。なお保険診療の場合、投与量は1回1アンプルのみ
となります。


Q:副作用はありますか?
A:現在まで、20年の間、2名の患者さんが発熱(一人は38度〜39度、もう一人は平熱が35度くらいで
36度後半)のため使用を断念した経験を持っておりますが、それ以外重篤なものは経験しておりません。
その他、軽度の副作用として、発疹、痒み等が稀にありますが、それにより投与を中止したことはありません。
 
Q:プラセンタの効果はどのくらいで出ますか?
A:通常は、数週間から1ヶ月くらいかかります。
しかし、打ってすぐ効果が現れることもあります。

Q:通院の頻度、期間を教えてください。
A:1回1アンプル筋注、週1−2回を原則としています。
特に効果が現れるまでの最初の数週間は、なるべく頻回に打つことをおすすめします。
期間については、特に決まりはなく、効果が現れて、1,2ヶ月でいったん終了される方も
いらっしゃいますし、調子よくなってからも維持療法として、ずっと来院される方もいらっしゃいます。
維持療法期においては、注射の間隔は少し空いても大丈夫です。

Q:あまり頻回に通えないのですが、2アンプル以上打てますか?
A:はい、打てます。
当院では、通院できる頻度や症状を考慮し、1回2−3アンプル筋注も可能です。
2アンプルなら2000円(消費税別)、3アンプルなら3000円(消費税別)になります。
ただし、保険診療の場合、投与量は1回1アンプルのみとなります。
また、プラセンタル・メタボライザーの併用もおすすめします。

Q:注射は痛いですか?
A:当院では、ツベルクリン針という27ゲージの非常に細い針を使用しており、
多くの患者さんに「他の病院の注射より痛みが少ない」 と良い御評価をいただいております。
注射があまり得意でない方も安心してご来院ください。

Q:ツボ注射もできますか?
A:はい、できます。
当院の野中鍼灸師と協力し、肌荒れ、肩こり、腰痛等に有効なツボへのツボ注射(穴位注射)も、同じ料金で行っております。


                        小堀クリニック